お父さんがカギ について


児童虐待の虐待主は、意外かもしれませんが圧倒的に母親が多いです。

でも、児童虐待を防ぐ上で、お父さんの役割は重要です。

お父さんが「自分だって仕事がいそがしんだから」と言ってしまっては、お母さんはますます精神的に追い込まれやすい状況になりかねません。

疲れててなかなか育児の手伝いができなくても、お母さんが気づいていない何かをアドバイスできるかもしれません。

まずは、お母さんの言葉に耳を傾ける、そしてできれば受身ではなく、積極的に悩みを聞いてあげたいところです。

意外と、お母さんのほうでも聞いてもらうだけで、気持ちの整理がつく場合もありますしね。

もしかしたら聞くだけのことで、お母さんの支えになれたかも知れないのに、それをしなかったために、一大事になっては悔やみきれないですよね。

「話を聞けば家事や育児の手伝いが増えるかも」と「やぶ蛇」をおそれて、話を避けいては問題が大きくなっていても気づくことさえできないです。


ピックアップ

24歳母2ヶ月の乳児を揺さぶり・・
2010年1月25日午後8時ころ、大阪府堺市で起った事件です。24歳の母がマンション自室で、2ヶ月の乳児の頭を約20分間何度も激しく揺さぶるなどを.....

児童虐待を防止するための法律
乳児や幼児、子供たちの虐待を防止するための法律があります。その名も「児童虐待の防止等に関する法律」。「児童.....

変われる?変わりたい!私の育児
育児に疲れ、イライラが募り、・・・衝動が抑えられなくて、後悔するような体罰を与えてしまったという経験は意外に多くの.....

楽しい育児とは?
育児が大変であることは、育児を経験した皆が思うことだと思います。でも、育児を上手に楽しんでいる家庭もたくさんあります。辛.....

お父さんがカギ
児童虐待の虐待主は、意外かもしれませんが圧倒的に母親が多いです。でも、児童虐待を防ぐ上で、お父さんの役割は重要です。お父さんが.....

Copyright © 2010 育児での幼児虐待※ならないために・させないために. All rights reserved