お父さんがカギ について


児童虐待の虐待主は、意外かもしれませんが圧倒的に母親が多いです。

でも、児童虐待を防ぐ上で、お父さんの役割は重要です。

お父さんが「自分だって仕事がいそがしんだから」と言ってしまっては、お母さんはますます精神的に追い込まれやすい状況になりかねません。

疲れててなかなか育児の手伝いができなくても、お母さんが気づいていない何かをアドバイスできるかもしれません。

まずは、お母さんの言葉に耳を傾ける、そしてできれば受身ではなく、積極的に悩みを聞いてあげたいところです。

意外と、お母さんのほうでも聞いてもらうだけで、気持ちの整理がつく場合もありますしね。

もしかしたら聞くだけのことで、お母さんの支えになれたかも知れないのに、それをしなかったために、一大事になっては悔やみきれないですよね。

「話を聞けば家事や育児の手伝いが増えるかも」と「やぶ蛇」をおそれて、話を避けいては問題が大きくなっていても気づくことさえできないです。


ピックアップ

変われる?変わりたい!私の育児
育児に疲れ、イライラが募り、・・・衝動が抑えられなくて、後悔するような体罰を与えてしまったという経験は意外に多くの.....

育児を学ぶ
育児は大変な仕事です。 ストレスに押し潰されて、育児ノイローゼになってしまう人も少なくないです。育児は分からないことばかり核家族化や少.....

歯磨きをぐずったときスグさせる
ある程度、歯磨きの習慣ができている場合です。急いでる朝とか、なかなか歯磨きを始めない。 夜眠そうなのに、なかなか歯磨きしそうにない。 そんな時の一言です。.....

どの年齢が一番虐待されやすい?
厚生労働省が発表している児童虐待の相談数を見ると、学齢前の児童が4割強、小学生が4割弱と大部分を占めています。でもこの数.....

34歳父母2歳男の子をごみ箱に閉じ込め・・
2008年12月23日未明から夕方にかけて、東京都練馬区で起った事件です。建築業の34歳の父と無職の母が、2歳の男の子をゴミ箱(プラスチック.....

Copyright © 2010 育児での幼児虐待※ならないために・させないために. All rights reserved