どの年齢が一番虐待されやすい? について


厚生労働省が発表している児童虐待の相談数を見ると、学齢前の児童が4割強、小学生が4割弱と大部分を占めています。

でもこの数字って「相談数」ということですので、相談されてない虐待は含まれていないということです。

小学生や幼稚園、保育園に入っている子供なら、外に出る機会もあり、様子がおかしいことに気づかれる可能性も高まると思いますが、赤ちゃんなどそれ以外の子供たちの場合、問題が気づかれていない可能性もあります。

また、小学生で児童虐待の相談を受けるケースは、小学生になってから虐待が始まったのか?ホントはもっと前から虐待があったのでは?という見方もぬぐえないですね。

と考えると、この数字以上に小さい子供たちが虐待にあっている可能性はありそうです。



ピックアップ

お父さんがカギ
児童虐待の虐待主は、意外かもしれませんが圧倒的に母親が多いです。でも、児童虐待を防ぐ上で、お父さんの役割は重要です。お父さんが.....

育児を学ぶ
育児は大変な仕事です。 ストレスに押し潰されて、育児ノイローゼになってしまう人も少なくないです。育児は分からないことばかり核家族化や少.....

目指すところは「北風と太陽」の「太陽」
「北風と太陽」は、イソップ寓話のひとつです。 子育てではすごく参考になる話だと思います。どんな話かというと、「北風」と「太陽」が勝負する話で.....

朝のトイレ面倒そうでもスグ行かせる
朝起きたときに、いくら勧めても何故かなかなかトイレに行きたがらないで、ぐずぐずしてるうちに、間に合わなくなり、お漏らししてしまう。3、4歳ならそん.....

歯磨きをぐずったときスグさせる
ある程度、歯磨きの習慣ができている場合です。急いでる朝とか、なかなか歯磨きを始めない。 夜眠そうなのに、なかなか歯磨きしそうにない。 そんな時の一言です。.....

Copyright © 2010 育児での幼児虐待※ならないために・させないために. All rights reserved