変われる?変わりたい!私の育児 について


育児に疲れ、イライラが募り、・・・衝動が抑えられなくて、後悔するような体罰を与えてしまったという経験は意外に多くのママさんが抱えているのかもしれません。 (なかなか他人に打ち明けることは少ないと思いますが・・・)

冷静なときには「コレではいけない」と思っても、待ったなしのお世話のなかで、また子供が難しい状況になっていくと、どんどん心の余裕が無くなっていき・・・。

こんな状況を変えるためには、周りの人のサポートがすごく有効な場合が多いです。 とはいえ、なかなかサポートを得られるような状況にない人は多いですね。


ではどうするか?

イライラで冷静さを失わないために、もしくは無くした心の余裕を取り戻すために、どんな工夫ができるでしょうか?

例えば、「自分たちが恵まれてる」と気づかせてくれる何かを視界のどこかにおいておいてはどうでしょうか?

例えば、子供ができずに真剣に悩んでいる人はたくさんいます。 また病気などで暴れたり泣たりできない、かわいそうな子もいます。

ハッと気づける何かがあれば、イライラに心を奪われる恐れを減らせるかもしれません。

とはいえ、この効果もだんだん感情が慣れてくると効かなくなってくるかも。

ほかには共感が得られるママ友達を持つこともいいかもしれません。 サポートは得られなくても、悩んでるのが自分だけじゃないことを知れば心の支えになるでしょう。

同じ年頃の子供でも、悩みの内容は違っていることもありますが、いろいろな気づきも得られると思います。


変わるのは子供から?ママから?

子供もママもストレスをためた状態では、状況は悪循環でどんどん悪くなる一方です。

悪循環を断ち切るには? 最初に子供の劇的な変化を期待するのはまずムリですね・・・。

子供の笑顔をたくさん引き出せるように、ママが変わるということが大事だと思います。

「ご機嫌取りばかりでは、しつけに不安がある」と思うかもしれませんが、叱るばかりでは、だんだん叱られることに子供がなれて、言うことを聞かせるために叱り方をエスカレートしていかなければなりません。

でも、子供とたくさん幸せな時間を持つことができて、子供が優しいママを大好きになれば、きっとママに叱られたくないと思うようになるでしょう。

普段しっかり可愛がることで、「叱ったとき」の効果が高まるということですね。



ピックアップ

児童虐待関連ことば
【身体的虐待(しんたいてきぎゃくたい)】 児童の身体に外傷が生じ、又は生じるおそれのある暴行を加えること。(「児童虐待の防止等に関する.....

児童虐待を防止するための法律
乳児や幼児、子供たちの虐待を防止するための法律があります。その名も「児童虐待の防止等に関する法律」。「児童.....

お父さんがカギ
児童虐待の虐待主は、意外かもしれませんが圧倒的に母親が多いです。でも、児童虐待を防ぐ上で、お父さんの役割は重要です。お父さんが.....

朝のトイレ面倒そうでもスグ行かせる
朝起きたときに、いくら勧めても何故かなかなかトイレに行きたがらないで、ぐずぐずしてるうちに、間に合わなくなり、お漏らししてしまう。3、4歳ならそん.....

児童虐待は母親が多いって本当?
母親と父親、児童虐待をするのはどっちが多いと思いますか?統計があります。 児童虐待は母親が父親より圧倒的に多いんで.....

Copyright © 2010 育児での幼児虐待※ならないために・させないために. All rights reserved