かわいそうな幼児虐待。
でもそれって、ホントウに他人事?
子供も親も幸せな育児のために知らなきゃ困ること

誰もが一歩手前まで!心の中に潜む児童虐待の可能性

乳児や幼児、子供への虐待(児童虐待)の事件をニュースで目にするたびに、涙が出るほどかわいそうになる一方で、そういう状態になる親の気持ちが少し分かる瞬間ってないでしょうか?

育児は楽しいことばかりではないです。むしろ大変な事が多いです。 きれいごと抜きではっきり言うとね。辛いとき、イライラするとき、ウンザリするとき、疲れるときが数々あります。

子供が難しいとき、果てしなく言うことを聞かないとき、ず~~~っと泣き止まないとき、・・・イライラが募ってピークを迎えると、虐待につながりかねない困った衝動が込み上げててくる瞬間を体験してるパパ・ママはけっこういるみたい。 もちろん大抵の場合は、ブレーキが働きますが。

ときに、しつけ(体罰)という名のもとに、やりすぎて虐待に近い事をしてしまって、後悔したことってないですか? そもそも体罰と虐待って、その境界はあるのか?ないのか?難しいですがね。


自覚していない【児童虐待】

最も怖いのは、自覚していないまま虐待をしていること。 自覚していないのでエスカレートしやすいパターンですね。

自分のこと、ときどき冷静になってチェックしましょう。 怒りや憎しみだけで怒ってること、ないですか?


だれもがなりうる!?【児童虐待】

環境や条件によっては誰もが、虐待育児の状況にはまりかねないです。



幸せ育児のために

誰もが児童虐待にはまる可能性がある一方で、誰もが幸せな育児を営むことだってできるはず。

「児童虐待に陥る家庭」と「幸せな家庭」いったい何が違うのでしょうか?
案外、ちょっとした違いだけかもしれません。


ママやパパが変われば、きっと子供も変われます。




ピックアップ

34歳父母2歳男の子をごみ箱に閉じ込め・・
2008年12月23日未明から夕方にかけて、東京都練馬区で起った事件です。建築業の34歳の父と無職の母が、2歳の男の子をゴミ箱(プラスチック.....

変われる?変わりたい!私の育児
育児に疲れ、イライラが募り、・・・衝動が抑えられなくて、後悔するような体罰を与えてしまったという経験は意外に多くの.....

育児を学ぶ
育児は大変な仕事です。 ストレスに押し潰されて、育児ノイローゼになってしまう人も少なくないです。育児は分からないことばかり核家族化や少.....

歯磨きをぐずったときスグさせる
ある程度、歯磨きの習慣ができている場合です。急いでる朝とか、なかなか歯磨きを始めない。 夜眠そうなのに、なかなか歯磨きしそうにない。 そんな時の一言です。.....

どの年齢が一番虐待されやすい?
厚生労働省が発表している児童虐待の相談数を見ると、学齢前の児童が4割強、小学生が4割弱と大部分を占めています。でもこの数.....

Copyright © 2010 育児での幼児虐待※ならないために・させないために. All rights reserved